MMTCGリザレクション WB名古屋大会(7月)

モンスターメーカーTCG リザレクションの大会に参加しました。参加者は4名で、総当たり戦でした。

今日のデッキは思いつきで急造した黄ランドデッキでしたが、いろいろ入れすぎてうまく動きませんでした。もっと絞り込んだほうが良いとの指摘も受けてしまいましたし。というわけで全敗。

1戦目は、「捨て身の計略」をキーとした手札破壊デッキと対戦。手札をたくさん捨てられて何もできずに負けました。「罪深いシスター」をコストにして追加パイルとか、「伝承の妖精」を再利用されたりとかさんざんでした。

2戦目は、こちらがもたもたしている間に相手の戦力が整ってしまい、「腐敗の王」とか「黒竜エリクネス」を出したのですが全滅させられず走りきられてしまいました。

3戦目は、相手の「暗殺者アストリア」にキャラを5人ほど破壊されて戦力不足になったところで、「デーモン・ファミリアー」で足止めされて時間切れで負けました。

毎度ながら、思いつきを全部いれてしまう癖は何とかしないといけないかも知れません。でも、強いデッキより変なデッキの方が面白いしなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。