アルシャードガイアをプレイ

コンベンションでアルシャードガイア(ff入り)をプレイしました。このシステムも初プレイです。

本当はモンスターメーカーRPGレジェンドのマスターをする予定でいましたが、雪のために遅刻してしまい、マスター受付に間に合いませんでした。
#本当は朝ぎりぎりまでシナリオデータの作成をしていたためだが、雪のせいということにしたい。

なぜか自由度の高かったPC2を選択。オーディンをとってほしいとの要請があったのと、他のプレイヤーの方が前衛系のようだったので、クラスをフォックステイル/ブラックマジシャン/ホワイトメイジとして支援キャラを作成しました。
設定的には、経営コンサルタントとクエスターの二束のわらじを履く、金に細かい年齢不詳(実年齢128歳)の女性にしました。とてもありがちです。

他のPCは以下の通り。

  • キャバルリー/ダンピール/レジェンド : 訳ありの御曹司
  • マシンヘッド/ファイター/ルーンナイト : 車に変形できる警察ロボ
  • ルーンナイト/ダンピール(?)/アウトロウ : 怪しげな言動をするルーンナイト

シナリオはシンプルな構成で初プレイの私でも気楽に楽しめました。
クライマックスは、プレイヤー側が加護の使い方をミスしたそうなので(私はよくわからなかったので指示してもらってました)ぎりぎりの戦闘になり、支援特技がたくさん使えて楽しかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。